枠内の背景色をラベンダーに設定
 
【お顔も心も Make happiness! 】

make-up makale'aのメイクアップレッスンは
《本来のワタシに繋がる》
「本来の私に繋がるメイクレッスン」(表面)  「マインドセット」(心)を統一する事で
モヤモヤをスッキリとさせて、内側からキラキラ輝くあなたに大変身!

所沢・全国どこへでも出張いたします。
【基本のメイクアップレッスンの詳細はコチラ】

■お申し込みはコチラから■
http://form.os7.biz/f/778fda0e/

■お問い合わせはコチラから■
http://form.os7.biz/f/a74a1663/
■make-up & mind-set makale'a ホームページ■ 
http://makaleabaldriks.wix.com/make-up-makalea

2015年08月25日

ひねくれた「愛情」とは


今日もご覧いただきありがとうございます。

愛の3部作、ラストです?!(笑)

今回はちょっと、人によっては過激な内容に映るかもしれません。
耐えられない人は、途中でも見ないようにして下さいね。



愛情っていろいろあります。

素直に「愛してる」「大好き」っていう愛情。

ちょっと恥ずかしくて「そんなのしらねーよ」っていう、照れ屋な愛情。

素直になれない「愛してねーよっ」「家から出て行きなさいっ!」っていうひねくれた愛情。



うん、この最後の【ひねくれた愛情】は「愛してねーよっ」って彼女に言うくらいならかわいいですけどね、「あんたなんて・・・!」ってなっちゃう子どもに対しての親の愛情は、困りますね。


そんなの愛情じゃないって?
確かに、一般的に見ると、愛情なんてあるようには見えません。

でも、その言葉や態度の裏には、「大きな愛情」があります。
そういう見えない愛情もあるんです。


逆に、親に虐待されても、子どもはどこかで愛を求めているんです。

そういう環境だからこそ、余計に「愛が欲しい」んです。


表面的には恨み憎みの厚い殻が覆っているけど、それを割れば、中身はとても繊細で柔らかく、お互いが愛情を求めている心があります。

特にそのように育てられてきた子どもは「親に対して愛情がある」そんな感情が存在する事を絶対に認めたくない。

それを認めたら今までされてきた事、これから先の事に対して「いろんな事に我慢してきた」その「耐えてきた自分」がいなくなるから。

「今までの自分を否定する事に繋がるから」

恨んで憎んで、心をツッパって、その事に対して我慢して来たのに、実は「愛が欲しかった、愛して欲しかった」なんて認めたら、一気にその心が崩れてしまうから。
バランスが取れなくなるから。


もちろん、親子間だけでなく、夫婦間にも当てはまります。




でね、こういう問題って、やられてる方=弱い立場の人間が「かわいそう」で、やってる人間は「ひどい」ってなるんだけど・・・
ま、ここでわかりやすく例えると、弱いが子どもで、強いが大人だとすると・・・ね。


実は、この強い立場の「親」も実は「かわいそう」なんです。

何がかわいそうだって?

それは、自分がしている事を、親にされてきたから。

はじめにも書いたけど、人間はその環境で基本的な性格とか行動とか決まります。
だから、そういう風な接し方しかされていなければ、どうやって愛情を表現する事が出来る?

学校で教えてもらった事の難しい応用を解きなさいって言われても出来ないでしょ?

例えば、家庭以外で愛情をたっぷり受け取れば、それはそれで愛を学ぶ事が出来るので、自分の子どもに対しても「この子には自分が受けたような事はさせたくないから、たくさん愛情を注ごう」という風に考えられるんです。

でも、家庭でも外でも、そんなに愛情をもらえなかったら、根本的に「愛って何さ?」「思いやるってどういう事?」ってなるんですよ。


だから、知らないうちに、自分がされた事を「かわいそう」「ごめんね」と頭の片隅に思い浮べながらも、「愛する術を知らないから」自分が知っている「子どもとの接し方」(例えばきつく当たるとか暴力とか)しか実行出来ないんです。


不の連鎖がずっと続いてしまう訳です。



で、これらを断ち切るのには「自分が恨んだり憎んだり嫌っている相手を、実は愛していたんだ」「無条件で愛して欲しかった」って思う事。

そして、「過去の事だから、許す」これがポイント。
許さなければ、いつまでたっても恨んでしまって、自分尾子どもやパートナーに対してもそういう気持ちを持ってしまいます。

だって、すごく辛くて、心にもとても傷をおって・・・でも、恨んで解決する?余計に自分を苦しめてるだけで、相手にはなんの痛みもダメージも与えられないんだよ?

逆に思い切り幸せになって「あの時はこうだったけど、あなたの言動を許す事で、私はこんなに幸せになりました、ありがとう」って言う方が、相手はダメージを食らいます(笑)


まったく逆の思考だし、絶対に無理!ってほとんどの人が思うでしょうが、これしか方法はありませんってくらい・・・ありません・・・。


旦那さまや奥様、他の人でも、とてもあなたに愛情を注いでくれる人がいたとしても、「実は親に愛してもらいたかった」っていう気持ちは癒せないんです。

そこはひとつ大人になって「親を自分から許して愛してあげる」

そうすると、いい意味での「上から目線」になって「あ、実は親もいろいろと苦労していて余裕がなかったのかも」「親もこういう育て方をされてかわいそうだったんだな」と思えるようになります。



そうすると、少し心がほぐれるでしょ?

でも、本当だから。

いつまでも子どものままでいたら・・・憎んでいた相手と同じようになりかねませんよ。

大人目線を持って。心にゆとりを持つ事で、愛情が生まれる場所ができます。

恨んだり、悲しんだりしていたら、愛情が入る余地無しですからね。



・・・私もね、いろんな経験したから、よくわかるデス。


ではまた^^






【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

永遠の問題?!親子関係


今日もご覧いただき、ありがとうございます。



家族・・・特に親子は、争いが多い家もあります。

そんな争いはなくても、言いたくないけど、小言を言ってしまったり、つい大きな声を出してしまったり・・・ということもありますね。

それは、「もっとちゃんとして欲しい」「やる事はやって欲しい」という親の子どもへの欲求があるから。

確かに、自分の部屋くらい片付けなさいとか、あまり夜中まで携帯をいじってはいけない、とかありますね。

それは「出来なかったら注意するのが当たり前」の事だから。

「当たり前じゃない事をしてるから、注意をしている」んですよね。
それらがきちんとしていれば、怒る事なんてないんですよね?



でも、その当たり前は誰の基準なのか?

昔から「最近の若い者は・・・」って言われてきましたが、私たちも年配の人や親から注意されたり、怒られたりした事は・・・ありますよね(笑)


それと同じ事を繰り返しているんです。

「でも、自分より明らかにやる事をやらなかったり、態度が悪い」って?

それは「最近の若者」だからです(笑)


そして、「いい子」になるように親は子どもに【期待】をしている。

【期待】をしていると、それに答えてくれなかった時に【絶望】する。

それが怒りとなって現れる訳です。


【愛している】から【ちゃんとした人間になって欲しい】=【ちゃんとしてないから怒る】


「毎日、お母さんが、どれだけあなたのためにやってあげてと思ってるの?!」って。

でも、そんな言い方で言われては「知らん」の一言で片付けられてしまうのです。
そんな曲がった愛情を押し付けられても、余程大人なお子さんでなければ、対処できません。

怒って言えば、相手も怒って返します。
穏やかに言えば、相手も穏やかに受け止めます。

「それじゃ、相手はいい気になって言う事なんて聞かない?」

あなたならどうですか?
自分の親に、また、旦那さんや上司に言われるとき、どういう風に言われたら言う事を素直に聞きます?
それと、全く同じなんです。人間ですから。


「愛情を持って怒る」

特に女性は感情の生き物なので、ついつい理性をなくしていってしまう事もあります。
そんなのは、スルーされてしまうのは当然。

怒るとストレスも溜まるし、パワーも使うから、怒った方が損するだけ。
そしてまた、同じ事を繰り返されて「キーッ!」ってなる訳ですね。


怒りの感情や落胆の感情など、マイナスの感情は出さずに、プラスの感情を出していきます。

相手の心に響けば、少しは変えないとまずいかな・・・と思ってきます。

もし、思っても実行できない子もいます。
大人もそうですが、みんなそれぞれが「個性」なんですね。

他の人と同じに出来ない人間、当たり前の事が当たり前に出来ない人間もいます。

それはしょうがないんです。
完璧な人間なんていないでしょう?

たまたま、ちょっとの感覚が人と違うだけなんです。一般常識の感覚が他の人と違うだけなんです。
大体ね、一般常識なんて、誰の基準で一般?それからはみ出したらアウト?
よっぽど犯罪とかヤバい事したら、それはアウトだけど。

部屋が足の踏み場なかったらアウト?
挨拶出来なかったらアウト?
夏休みの宿題しなかったらアウト?
嘘ばかりついていたらアウト?

だいたい人の感覚なんて、「自分が基準」って事が多い。
自分と子どもは違うし。
しかも、自分の小さい頃はどうだったよ?って話し。

みんなほとんどの人が自転車に乗れますよね?

「ワタシ自転車に乗れないんだ」

って誰かが言ったら、どう反応します?
「え?自転車乗れないんだ?」とか「へ〜そうなんだ、珍しいね」ってなりません?

みんなが乗ってるから、みんな乗れるはず、というのは間違え。


自転車が乗れない人だっています。それと同じです。

だから、そういう部分も認めてあげる。



その変わり、その人のいい部分を思い切り伸ばしてあげる。

そうやっていくと、「自分を認めてもらえた」という気持ちから、今まで出来なくて怒られていた事へもチャレンジしてみようかな?って気持ちが芽生えるかもしれないし、芽生えないかもしれないし(笑)

でも、そうやって認められた子ども(人)はのびのび、自由で明るく、人にも優しい人間になるのは、間違いありません。


そういう風に考えていくと、「どうやったら子どもが素直に言う事を聞いてくれるか?」っていうゲームみたいになって、いろいろと攻略方法が浮かぶと思います。


もうすぐ夏休みも終わり。


いつまでも仲良し親子でいたいですね。


こんなことも、一緒にいい方向に持っていくお手伝いをしています。

親子関係で困っていることがあれば、お気軽にメールでお問い合わせください♡

http://form.os7.biz/f/a74a1663/



ではまた^^



【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

タグ:親子 愛情 家族
posted by わがままアドバイザー・IKU at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

無条件で愛する


今日もご覧いただき、ありがとうございます。



家族って不思議ですよね。

いくら仲が悪くても、恨んだり憎んだりしていても、その裏には本当は愛情があるんです。


こう書くと「えー!絶対愛情なんてない!!憎しみしかない!」っていう人もいるかもしれません。

または「寂しい思いしかしてないから、愛情があるなんて思う事が出来ない」という人もいるかもしれません。



実はこの問題は簡単に解決出来るものではないから、ちょっと書くのに躊躇したんですけど。
だって、ひとりひとりの性格や考え方、行動などがこの「家族」で形成されるから、とても深いものなんです。


人は一人では生まれてはこれないので、初めっから、他の人と関わっている事になります。
直接関わっていないとしても、毎日着ているその洋服は、地球上の誰かが糸や繊維となる動植物を育て、糸にして、布にして、デザインされて、服が作られ、お店に運ばれ、店頭で売られ、そしてあなたが買って着ている。
1枚1980円の服でも10万円の服でも、100円のTシャツでも、ほぼ同じ行程であなたの元へやってきます。


一番関わりがある人間が「家族」です。
一番関わりがあるからこそ、「喜び」「悲しみ」「憎しみ」「恨み」なども一緒に出てきます。

それは家族に対しての「甘え」があるから。
「家族ならわかってくれるだろう」という甘え。

で、わかってくれないと

「お母さんは私の事、ちっともわかってくれない!」

ってなります。
または

「こんなにあの子のためにしてるのに、全然言う事を効かないんだから!」

「夫は私の事なんて何もわからないんだわ」

「あいつはオレの苦労を知らないんだ」

・・・とかね。



わかる訳ないでしょ。

知るわけないでしょ。


【だってちゃんと言わないんだもん】


ちゃんと理由とか説明して、それでも正当な理由がなくわかってもらえないなら、それは怒るに値しますよ?

でも、実はそうでない場合が多い。

大事な事を「伝えていない」場合が覆いのです。



大事な事って、以外と言いにくい。
だから言わないでも、そこの部分は察してよねってなるんです。

あなたは、家族の気持ちを察してます?

そこまで察する事なんて難しいでしょ?

口があるんだから言いなさいよって。



でも大事な事こそ、言いにくいってのもありますよね。

くだらない事はいくらでも言えるけど、まじめな話しはちょっと・・・って。


でも、言ってみないとわからない。


例えば「今日はトンカツが食べたい」と旦那さんが言ったとします。
でもあなたはトンカツは食べたくない。
でも旦那さんに合わせてトンカツを食べにいったけど、イマイチ美味しく感じない。
それを見た旦那さんは、トンカツ美味しくないのかよ?と機嫌を損ねる・・・

なんて事もあり得ます。

なら、ちょっとの勇気を出して「私、トンカツじゃなくて、パスタが食べたいな」って言ったとします。
でも旦那さんはパスタはあまり好きじゃない。
すると旦那さんも「じゃ、ハンバーグは?」って代替案を出してきます。

こうして、2人で一番納得出来るものを食べにいったら、2人ともニコニコで楽しく食事が出来る訳です。



子どもが言う事を聞かない・・・聞きませんね〜・・・(笑)

でも、子どもにも言い分がある時もあります。ただわがままな事もあるけど。

それを全部頭ごなしに否定していったら、どうなると思います?

「あ、自分の言う事は何を言っても無駄なんだ」ってひねくれます。
それが例え、わがままな事ばかり言っていても・・・><


そこには「愛情が欲しい!」っていうメッセージがこもっています。

「どんなにわがままを言っても、こんな自分でも無条件で受け入れて、愛してほしい」

という、大事なメッセージです。


だからと言って、何でもかんでも言う事を聞いていたら、今度は「叱られたかった」的な、わざと怒られるような逆の行動に出ますからね(笑)


これはパートナー、旦那さんや奥さんでも同じ事が言えます。


以外とみんな愛が欲しいんですね。こう考えると。

愛されたいんです。無条件で。

で、無条件で愛されると心が満たされるから、大満足して優しくもなれるし、思いやりの心も育ちます。


・・・こういう話し、エンドレスになるので強制終了・・・


もー、とにかく、周りの人を全て、無条件で愛しちゃいましょう!

それが世界平和に続く道の第一歩です!



こういう問題は、自分一人ではなかなか解決出来ない問題でもあります。
私と一緒にいろんな話しをしてみませんか?
個人セッション、グループセッションも行っています。


ではまた^^



【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
掲載の記事、写真、イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。
背景の2重指定