枠内の背景色をラベンダーに設定
 
【お顔も心も Make happiness! 】

make-up makale'aのメイクアップレッスンは
《本来のワタシに繋がる》
「本来の私に繋がるメイクレッスン」(表面)  「マインドセット」(心)を統一する事で
モヤモヤをスッキリとさせて、内側からキラキラ輝くあなたに大変身!

所沢・全国どこへでも出張いたします。
【基本のメイクアップレッスンの詳細はコチラ】

■お申し込みはコチラから■
http://form.os7.biz/f/778fda0e/

■お問い合わせはコチラから■
http://form.os7.biz/f/a74a1663/
■make-up & mind-set makale'a ホームページ■ 
http://makaleabaldriks.wix.com/make-up-makalea

2016年03月12日

◆新社会人さん必見!オフィスメイクはこうします!◆

4月から新社会人になる方もいらっしゃると思います。

ドキドキ、ワクワクですかね^^

学生生活とは全然違うし、もちろんメイクも違います。

つけまつげやら、なんやらバリバリに(死語?)メイクをしていた方は、

会社では控えめに。

逆にスッピンでいた方は、最低限のマナーとしてのメイクをしましょうね。

lgf01a201501030100.jpg







とっても大事な「第一印象」



社会人としての女性のメイクの位置づけというのは

「男性のスーツと同じ」「社会人としてのマナー」となります。

でも、派手なメイクはマナー違反です。



会社というのは自分が良ければいいというものではなく、

一緒に働く仲間がいて、仕事関係や一般のお客様もいらっしゃいます。

そういう方々に不快な思いをさせるようなメイク

社会人の仕事をする時のメイクとしてはNGです。



一番好感が持たれるのは、ナチュラルメイク

タレントさんや女優さんも、ナチュラルメイクでしょ?

同性にも異性にも、年上にも好感を持たれるのが「ナチュラルメイク」です。



「好感を持たれる」というのは、とても得なことです。

特に会社の仕事先の方やお客様に好感を持たれると

仕事もスムーズにいきます。



第一印象はどれくらいで決まるかご存知ですか?

実はたったの「6秒」で決まってしまいます。



よく思い出して下さい、お買い物に行った時の店員さん。

「あ、いい感じだな」「ちょっと態度悪いな」「あの手の雰囲気の人は苦手」など

そういう印象って、すぐに思ってしまいませんか?

そして、話したりして「あれ?やっぱいい人だ」とか。



「やっぱりいい人だ」というのは「話してみてはじめてわかること」であって

もしも話をしなければ、その方から永遠に「ちょっと雰囲気悪いな」という

印象を持たれてしまうのです。



そして、女性の場合は、メイクで印象がかなり変わります。

とても仕事ができる、性格も素晴らしいのに、メイクが派手派手。

または、髪にもメイクにも気を使わなくてボサボサのスッピン。



たとえ仕事ができたとしても、ぱっと見の第1印象は

「仕事ができる人、好感の持てる人」には見えません。



逆に新人で仕事はまだまだ出来ないけれど、清潔感があって

一生懸命に仕事に取り組む姿を見たら「がんばって」と応援したくなりませんか?



それだけ第一印象というのは大切なのです。

そして、その第一印象を左右させるひとつの大きな要素として

メイクがあるのです。




メイクを上手に活かして第一印象をアップさせましょう!














肌は普通にファンデーションをつければいいのですが、

厚塗りは、それだけでメイクが濃く見えてしまうし、老けて見えます。

少なすぎても、スッピンと変わらなくなりますのでご注意を。


適量をきちんとつけます。

時間がない方でも、ファンデーションは絶対につけて下さい。

一番面積が大きい部分なので、ここをきちんとしないと

「下着をつけないのと同じこと」になっちゃいます(はずかすぃー!)



クマは疲れて見えてしまうので、コンシーラーで消します。

これも、少ない量をつけて足りなければ付け足すと言う感じに

べったり付けないように気をつけます。



リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合には

必ずフェイスパウダーをつけて下さい。

フェイスパウダーをつけないと、テカりすぎる場合があります。

そうすると、「遊び」メイクっぽくなるので

きちんと感を出すためにフェイスパウダーをつけます。

つけた方が、ファンデーションの持ちもグンとよくなります。











アイメイク



目元は茶系が一番無難です。

あとは、薄いピンクやオレンジ。始めはこの辺で様子を見て下さい。

あまり凝ったアイメイクよりも、シンプルに、

 ・まぶた全体に明るめの色をのせて、目のきわに上記の色をのせる。

始めはこれくらいシンプルの方がいいでしょう。



アイラインはナチュラルに見せたいなら茶色、

少し「メイクしてます」風に見せたいなら黒を選んで下さい。

そして、細目にラインを入れます。

あまり太く入れると「メイクしてます〜!」ってお顔になるので注意。

そして、引いた上に、もう一度、アイシャドウをのせてなじませましょう。

アイラインのにじみ防止にもなりますし、ラインの強さを

カモフラージュしながら、でも、目元を強調してくれます。



まつ毛はぱっちりとビューラーで上げてもいいですが、

マスカラのつけ過ぎには注意です。

マスカラをつけた後はコームでとかして、まつ毛をばらして下さい。

まつ毛同士がくっついていると、それだけで「ギャル」っぽくなります。


下まつ毛にはつけない方が無難ですが、ほんの少し、目立たない程度なら

つけてもOKです。











  

眉は、茶色のパウダーでだいたいの形を整えたら

足りない所をペンシルで描きたします。

茶色と言っても、あまり明るすぎるのはビジネスメイクとしてNG。

そして、しっかりと描きすぎるのも「眉毛!」となりますのでNG。

そうならないためには「手首の力を抜いて、スッスッと描く」をイメージして下さい。

手首に力が入るとどうしても描くときに濃くなります。

濃くなると修正する時も大変なので薄く描いていきます。

そして最後は眉ブラシでラインをなじませて自然な感じにします。










チーク


チークも必須です。

大人のチークというのは多少見えた方が横顔がキレイに見えます

チークは「影」になりますのでお顔に立体感、メリハリ感を出してくれます



人のお顔の中で一番面積の広い部分は頬です。

チークって、その頬の真ん中あたりに入れますよね?

そうすると、頬が2分割されます。その結果、小顔に見えるんですよ。



何もつけていないと、のっぺり。

つけるとメリハリが出て小顔効果に。

つけた方が得でしょ?(笑)


つけ方としてはコチラを参考になさって下さい。

http://tyottokirei.seesaa.net/article/302844507.html







リップ



リップはグロスやラメが強いものは遊びに見えるのでNGです。

かといって、マットなものはフレッシュ感がないので

少しラメ感やグロッシーなものがいいですね

そして、色はある程度つくもので。

ヌーディーな感じはいい印象を与えられません。

「ピンク」〜「ベージュピンク」あたりが無難です。

この辺は、ドラッグストアなどに売っている、大手メーカーの

売れ筋の色をチョイスすれば無難です(笑)

そして、きちんと感を出すにはリップブラシを使って

輪郭をきちんと取ります


リップライナーを使わないまでも、ある程度(といっても薄すぎるのはNGですよ)

色がつくリップならこれで十分。



逆にライナーを使うとメイクしてる感が出過ぎてしまうこともあるので

バランスが難しくなったりします。

上手に取り入れられる方は使ってみて下さい。



輪郭の形はナチュラルに。

ぽっちゃり唇を目指してオーバーリップに描くのはNGです。

会社で色気を出すのはまだ早い?!

ナチュラルにご自分の唇の形に合わせて下さい。

応用が出来る方は、船底型にすると、「仕事ができそう」に見えますよ(笑)










トータル


さあ、全身を見て下さい。

髪とメイクと服装のバランスは取れてますか?

新人の時のスーツはスタンダードな感じですよね。

そのスタンダードに合う髪やメイクをして下さい。

そこが出来ていないと、ちぐはぐになって好印象から外れてしまいます。






ちなみに、ずっとそのメイクや髪型やスーツで色ということではないのですよ。

基本、オフィスメイク・仕事メイクをしつつ、少しずつ自分らしさを出していく

これが一番良いのです。

そして、「少しずつ自分らしさを出していく」のはゴールデンウィーク過ぎあたりから。


ちょっとメイクを変えてみるとか。

いきなり変身したら、先輩もびっくりなので、少しずつ自分らしさを出していって下さい。





メイクの仕方がわからない、オフィスメイクに自信がないという方は

make-up makale'aのメイクレッスンをお勧めします。


今お持ちのメイク品で、あなたのお顔に合わせた

あなたのお顔に似合うメイク
をしますので

次の日からすぐにメイクが出来ます。


道具がない方は、お貸ししますし一緒に買い物にも同行して

あなたに似合うお色などを一緒に選ぶお手伝いもします。


ひとりで悩むよりも、実際に習った方が早いです(笑)

一度覚えたら、一生の技術となって身に付くし、応用も出来るようになります。

あなたの魅力を最大限に引き出すメイクを、ぜひ覚えて下さい。


詳しい内容はコチラをご覧下さい⇒http://makaleabaldriks.wix.com/make-up-makalea#!personal-lesson/c139b


お申し込みはコチラ⇒http://form.os7.biz/f/778fda0e/

お問い合わせはコチラ⇒http://form.os7.biz/f/a74a1663/











【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

小顔になっちゃうメイク方法 〜シェイド編〜




ポイントは「メリハリ」の影バージョン



一昨日の続きです。

一昨日の記事はコチラ⇒【小顔になっちゃうメイク方法 〜ハイライト編〜】


お顔にメリハリ(陰影)をつけて、お顔を小さく見せてしまおう!

というもの。



ちょっとおさらいをしますね。


例えば・・・


● お部屋など、背の低い家具を置くと広く見える。

● 背の高い家具を置くと狭く見える。



欧米人は鼻や眉のあたりの骨などが高く、彫りも深い。

まあ、お顔の幅も狭いというのもありますがお顔が小さく見えます。


アジア系の私たちのお顔は

鼻も低く、全体的に凹凸のないお顔をしています

なので、お顔が大きく見えてしまうということがあります。


だから、凹凸をつけてあげればいいのです。

難しく考えず、自分のお顔を良く見て・・・。


「高い所はより高く」

「低い所はより低く」


すればいいのです。

そうすれば、お顔が立体的になって小さく見えるのです。



一昨日は、「高くする所」を書きましたので

今日は「低くする所」を書いていきたいと思います。



3d-kyuutai03.jpg
明るい色と暗い色を入れれば、ただの丸もこのように立体的に見える。








低くする箇所



低くする所は

・眉頭〜目頭のあたり

・眼球のくぼんでいる所(ダブルラインを入れる所)

・頬骨の下

・フェイスライン


です。



入れる色はフェイスカラーの茶色っぽい色とか

シェイドカラーと表示してあるものや

アイシャドウの薄ーい色でもオッケーです。


入れてるか入れてないか・・・くらいの濃さをめどにして下さい。

メリハリを付けようと入れすぎると、お芝居メイクになってしまいます。










鼻を高く見せましょう!



まず、眉頭〜目頭のあたりに影を入れます。

ここはよくお芝居などで影を入れる場所です。



でも気をつけることは、

影を入れる場所は「眉頭〜目頭の辺り」まで、ということ。

お芝居のメイクのように鼻を高く見せよう小鼻のあたりにまで

影を入れてしまうと、かなり不自然になります。



もうひとつの理由に、目頭の間の鼻の高さです。

目頭から下の部分は、私たちだって高くなっていますよね。

でも、欧米人は眉間のあたりから高くなり始めているのです。


「欧米人は目頭の間の鼻部分が高く、私たちは低い」


なので、ここを高く見せれば、鼻が高く見えるということなのです。











目元の彫りを深くする



私たちの目元はフラット(平)なので、一重や奥二重が多く

切れ長な「アジアンビューティー」な顔立ちになります。



でも、欧米人のような彫りの深い目元も憧れますよね。

そんなとこは眼球のくぼみの部分に影を入れます。


先ほど、眉頭〜目頭の間の説明をしましたが、

今度は目頭から、眼球のくぼみにそって入れていきます。



でもここも、あまりにくっきり入れるとお芝居メイクか

ファッションショーのステージメイクのようになりますので

あくまで「見えるか見えないか」くらいの濃さで入れます。



特にまぶたがフラットな方は薄くてもラインが見えやすくなりますので

少し幅広に薄く入れて下さい。


先ほどの鼻を高くする影の目頭とつなげて影を入れ始めると

自然に見えますよ。

バラバラに影を入れない・・・ようにしてください。











頬骨の下あたりにもね



頬骨の下あたりにも入れます。

頬をへこますとへこむ部分・・・全体に入れると

骸骨みたいになるので気をつけて下さい^^;


基本的にはチークを入れる場所が影を入れる場所なのです。

チークは少し頬骨にもかかりますが、

頬骨の下あたりのチークが入る部分、ここが影になる部分です。


なので、チークをきちんと入れておけば、別にこの場所には

影を入れなくても大丈夫。



「え?ピンク系の色だけど影で使っていいの?」と思われるかも知れませんが

逆にナチュラルに見えます。

肌色よりも濃い色なので影に見えます。



実は茶色は下手に入れるとくすんで見えてしまいます。

上手に入れればいいのですけどね。

ここの場所は広い面積なので、専用のシェイドカラーを使った方がいいですし

でも、買うまでしなくても、チークでも十分いけます!



なので、チークとかねていれる事によってナチュラルに見せます。

入れる場所は

耳前の噛み合わせ部分〜頬骨の下あたりから、えらの骨の上あたり。

この辺は押すとへこみますのでわかると思います。


そして、お顔の回りをぐるっと、チークでなでるくらいの濃さで影を入れます。

このときに、チークをたさないで下さい。

左のチークを入れたら、そのまま左側のフェイスラインをなぞる。

右のチークを入れたら、チークをたさないでそのままフェイスラインに入れる。

こうすることで、フェイスラインの影が濃くならず、自然に見えます。








これで小顔メイクの出来上がりです。

いかがですか?意外と簡単でしょ?

ぜひお試しくださいね。


実際にメイクレッスンであなたにぴったりのメイク方法を

お伝えしたーい!



ここに書いてあるのは一般的なことなので、

一人一人に絶対に合う、という訳ではありません。

入れる位置が違うとか、似合う入れ方が違うとか。



なので、レッスンではあなたにぴったりの入れ方や位置、

なりたいお顔になるようにレッスン致します。

お手持ちのメイク品でレッスンしますので、次の日からすぐに

同じメイクができます。



あなたのお家までお伺い致しますので、出る時間が省けますし

小さいお子さんがいても安心ですね。

お家がNGな方は、お近くの公民館などの一室を借りて下されば

そこでレッスンを行えます。


メイクは一生の技術なので、一度キチンと覚えて理解をしておくと

雑誌などを見てもいろいろとわかり、応用がききます。



今までのメイクを悩みながらずっと続けていくよりも

一回レッスンを受けて、納得して技術を習得して、

ご自分に似合う、またはなりたいお顔にメイクできるようになったら

嬉しいですよね。


嬉しいお顔に、ひとりでも多くの人をしていきたいと思っております。



また、明日もあなたのためになる情報をお届け致しますので、

楽しみにしていてくださいね!





【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

色々、いろいろ。

こんにちは、MAKE-UPアドバイザーのIKUです!

あなたは、アイシャドウや口紅、グロスををいくつにって持っていますか?
たくさん持っている方も、一つのものを気に入って愛用している方も様々だと思います。

では、アイシャドウの付け方、口紅の付け方は変えていますか・・・?

たとえ、同じ色のアイシャドウでも、付け方一つでイメージはグンと変わってくるんです。

まあ、1色だけだと、ちょっと大変ですが、2色あれば十分に違うイメージになれちゃいます!

一番便利なのが、同系色3色セットのパレットです。
白っぽい色、中間の色、濃い色。
この3色があれば簡単に立体的な目元が作れ、色んなパターンも作りやすいですよ!

例えば・・・こちらは、どんなイメージに見えるでしょうか?
121115_181808.jpg

優しい、感じに仕上げてみました。


そして、こちらはどうですか?
121115_181831.jpg

同じ色ですが、少し大人っぽく、きりっとした風に仕上げました。

2つを並べると・・・。
121115_181912.jpg

違いがわかりますよね。

このように、同じ色を使用しても、雰囲気を変えられることをわかって頂けたと思います。

次に口紅です。
こちらも、2色混ぜるとまた、違う雰囲気になります。
まずはそれぞれ単色で。
121115_185101.jpg


121115_185030.jpg


2色合わせると・・・
121115_185116.jpg

どうですか?
新しい色の口紅になりましたよね?^^

おまけに・・・
121115_185101.jpg


121115_185222.jpg


ちなみに・・・この2色は同じ色で、塗り方を変えてあります。
これも、ちょっと違うでしょ?
画用紙なので、うまくぬれなくて汚くなっていますが・・・><

上の画像は、割と輪郭をちゃんと塗っています。
きちんと輪郭を取ると、きちんとしたイメージに仕上がります。

そしてしたのは、内側をある程度塗って、周りはぼかしている感じです。
この様な塗り方をする、カジュアルな感じになるんです。

そして、色の割合を変えるとまた違う感じになりますし、さらにグロスを加えると、変わりますよね。
そして、そのグロスの色を変えたら・・・

お手持ちのメイク品にほんのちょっと手を加えるだけで、こんなにバリエーションが広がります!

新色をどんどん買っている方は、混ぜて使って楽しんでみて下さい!
新しく買わなくても、新しい色を雰囲気を、発見できます!

そして、1色しかお持ちでない方は、もう1色だけ買ってみましょう。
それだけでも、グンとメイクの楽しさが広がります!
口紅なら、まずはグロスだけでもOKですよ!

ほんのちょっとのコツで、こんなにメイクは変わるんですよ!

あなたも、明日からメイクで遊んでみて下さいね!!




【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
掲載の記事、写真、イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。
背景の2重指定