枠内の背景色をラベンダーに設定
 
【お顔も心も Make happiness! 】

make-up makale'aのメイクアップレッスンは
《本来のワタシに繋がる》
「本来の私に繋がるメイクレッスン」(表面)  「マインドセット」(心)を統一する事で
モヤモヤをスッキリとさせて、内側からキラキラ輝くあなたに大変身!

所沢・全国どこへでも出張いたします。
【基本のメイクアップレッスンの詳細はコチラ】

■お申し込みはコチラから■
http://form.os7.biz/f/778fda0e/

■お問い合わせはコチラから■
http://form.os7.biz/f/a74a1663/
■make-up & mind-set makale'a ホームページ■ 
http://makaleabaldriks.wix.com/make-up-makalea

2016年03月05日

小顔になっちゃうメイク方法 〜シェイド編〜




ポイントは「メリハリ」の影バージョン



一昨日の続きです。

一昨日の記事はコチラ⇒【小顔になっちゃうメイク方法 〜ハイライト編〜】


お顔にメリハリ(陰影)をつけて、お顔を小さく見せてしまおう!

というもの。



ちょっとおさらいをしますね。


例えば・・・


● お部屋など、背の低い家具を置くと広く見える。

● 背の高い家具を置くと狭く見える。



欧米人は鼻や眉のあたりの骨などが高く、彫りも深い。

まあ、お顔の幅も狭いというのもありますがお顔が小さく見えます。


アジア系の私たちのお顔は

鼻も低く、全体的に凹凸のないお顔をしています

なので、お顔が大きく見えてしまうということがあります。


だから、凹凸をつけてあげればいいのです。

難しく考えず、自分のお顔を良く見て・・・。


「高い所はより高く」

「低い所はより低く」


すればいいのです。

そうすれば、お顔が立体的になって小さく見えるのです。



一昨日は、「高くする所」を書きましたので

今日は「低くする所」を書いていきたいと思います。



3d-kyuutai03.jpg
明るい色と暗い色を入れれば、ただの丸もこのように立体的に見える。








低くする箇所



低くする所は

・眉頭〜目頭のあたり

・眼球のくぼんでいる所(ダブルラインを入れる所)

・頬骨の下

・フェイスライン


です。



入れる色はフェイスカラーの茶色っぽい色とか

シェイドカラーと表示してあるものや

アイシャドウの薄ーい色でもオッケーです。


入れてるか入れてないか・・・くらいの濃さをめどにして下さい。

メリハリを付けようと入れすぎると、お芝居メイクになってしまいます。










鼻を高く見せましょう!



まず、眉頭〜目頭のあたりに影を入れます。

ここはよくお芝居などで影を入れる場所です。



でも気をつけることは、

影を入れる場所は「眉頭〜目頭の辺り」まで、ということ。

お芝居のメイクのように鼻を高く見せよう小鼻のあたりにまで

影を入れてしまうと、かなり不自然になります。



もうひとつの理由に、目頭の間の鼻の高さです。

目頭から下の部分は、私たちだって高くなっていますよね。

でも、欧米人は眉間のあたりから高くなり始めているのです。


「欧米人は目頭の間の鼻部分が高く、私たちは低い」


なので、ここを高く見せれば、鼻が高く見えるということなのです。











目元の彫りを深くする



私たちの目元はフラット(平)なので、一重や奥二重が多く

切れ長な「アジアンビューティー」な顔立ちになります。



でも、欧米人のような彫りの深い目元も憧れますよね。

そんなとこは眼球のくぼみの部分に影を入れます。


先ほど、眉頭〜目頭の間の説明をしましたが、

今度は目頭から、眼球のくぼみにそって入れていきます。



でもここも、あまりにくっきり入れるとお芝居メイクか

ファッションショーのステージメイクのようになりますので

あくまで「見えるか見えないか」くらいの濃さで入れます。



特にまぶたがフラットな方は薄くてもラインが見えやすくなりますので

少し幅広に薄く入れて下さい。


先ほどの鼻を高くする影の目頭とつなげて影を入れ始めると

自然に見えますよ。

バラバラに影を入れない・・・ようにしてください。











頬骨の下あたりにもね



頬骨の下あたりにも入れます。

頬をへこますとへこむ部分・・・全体に入れると

骸骨みたいになるので気をつけて下さい^^;


基本的にはチークを入れる場所が影を入れる場所なのです。

チークは少し頬骨にもかかりますが、

頬骨の下あたりのチークが入る部分、ここが影になる部分です。


なので、チークをきちんと入れておけば、別にこの場所には

影を入れなくても大丈夫。



「え?ピンク系の色だけど影で使っていいの?」と思われるかも知れませんが

逆にナチュラルに見えます。

肌色よりも濃い色なので影に見えます。



実は茶色は下手に入れるとくすんで見えてしまいます。

上手に入れればいいのですけどね。

ここの場所は広い面積なので、専用のシェイドカラーを使った方がいいですし

でも、買うまでしなくても、チークでも十分いけます!



なので、チークとかねていれる事によってナチュラルに見せます。

入れる場所は

耳前の噛み合わせ部分〜頬骨の下あたりから、えらの骨の上あたり。

この辺は押すとへこみますのでわかると思います。


そして、お顔の回りをぐるっと、チークでなでるくらいの濃さで影を入れます。

このときに、チークをたさないで下さい。

左のチークを入れたら、そのまま左側のフェイスラインをなぞる。

右のチークを入れたら、チークをたさないでそのままフェイスラインに入れる。

こうすることで、フェイスラインの影が濃くならず、自然に見えます。








これで小顔メイクの出来上がりです。

いかがですか?意外と簡単でしょ?

ぜひお試しくださいね。


実際にメイクレッスンであなたにぴったりのメイク方法を

お伝えしたーい!



ここに書いてあるのは一般的なことなので、

一人一人に絶対に合う、という訳ではありません。

入れる位置が違うとか、似合う入れ方が違うとか。



なので、レッスンではあなたにぴったりの入れ方や位置、

なりたいお顔になるようにレッスン致します。

お手持ちのメイク品でレッスンしますので、次の日からすぐに

同じメイクができます。



あなたのお家までお伺い致しますので、出る時間が省けますし

小さいお子さんがいても安心ですね。

お家がNGな方は、お近くの公民館などの一室を借りて下されば

そこでレッスンを行えます。


メイクは一生の技術なので、一度キチンと覚えて理解をしておくと

雑誌などを見てもいろいろとわかり、応用がききます。



今までのメイクを悩みながらずっと続けていくよりも

一回レッスンを受けて、納得して技術を習得して、

ご自分に似合う、またはなりたいお顔にメイクできるようになったら

嬉しいですよね。


嬉しいお顔に、ひとりでも多くの人をしていきたいと思っております。



また、明日もあなたのためになる情報をお届け致しますので、

楽しみにしていてくださいね!





【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
掲載の記事、写真、イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。
背景の2重指定