枠内の背景色をラベンダーに設定
 
【お顔も心も Make happiness! 】

make-up makale'aのメイクアップレッスンは
《本来のワタシに繋がる》
「本来の私に繋がるメイクレッスン」(表面)  「マインドセット」(心)を統一する事で
モヤモヤをスッキリとさせて、内側からキラキラ輝くあなたに大変身!

所沢・全国どこへでも出張いたします。
【基本のメイクアップレッスンの詳細はコチラ】

■お申し込みはコチラから■
http://form.os7.biz/f/778fda0e/

■お問い合わせはコチラから■
http://form.os7.biz/f/a74a1663/
■make-up & mind-set makale'a ホームページ■ 
http://makaleabaldriks.wix.com/make-up-makalea

2016年04月19日

小顔になっちゃうメイク方法 〜ハイライト編〜


こんにちはー。

今日は、小顔になっちゃうメイクの方法を書きますよー。

みんな、準備はいいかな〜?!(何の準備?!)

では、いくよ、「Let's little face!」⇦むりやりだな・・・><




ポイントは「メリハリ」


ポイントは「メリハリ」です。

ボディもそうですが、メリハリがあると、細く小さく見えるのです。

うーん、胸もお尻もない、ウエストは骨格であまり細くならない

IKUさんは、どうしたらよいでしょうね〜^^;


そんなことは置いといて。

例えば。

お部屋を広く見せるポイントとして

背が高い家具を置かないようにする、というのがあります。

低いテーブルや家具を置くだけで、部屋が広く見えるのです。



もうひとつ。

植木鉢に背の低い、すみれの花が植わっているのと、

すみれの花と同じくらいに植わっている面積に

チューリップが植わっているの。

どちらの植木鉢が小さく見えますか?

b0083902_15123733.jpg


何が言いたいかというと、同じ面積でも

背が高いものがあると、狭く感じる、と言うこと。


メリハリというのは、お顔で言えば「立体感」。

平面的か立体的か。

この違いだけで小さく見えるか大きく見えるか変わってきます。











簡単に小顔!



実際、小顔にするというのはとても簡単!

背が低いのが広く見える、背が高いのが高く見える・・・のです。

欧米人のお顔は鼻が高く、彫りが深い。

逆に日本人は、鼻も低く、彫りもあまりない平べったいお顔。


ということは。

高い所はより高く、低い所はより低くすれば良いだけのこと。

それだけで小顔に見えます。











適所適量?!



高くする所は

・Tゾーン

・眉の下

・頬骨の部分

です。


Tゾーンの額の部分は額の真ん中ではなく、眉毛の上くらいの当たりに

細く横にハイライトを入れて下さい。

真ん中に大きく入れると、それだけでおでこが広く見えて

更にお顔が大きく見えます。

額の一番出っ張っている部分を探してみて下さい。

ね、眉の上あたりでしょ?

ただし、額が元々広くて、賢く見える方はココは入れなくてOKです。


そして、鼻筋。

これは、鼻先まで入れないで下さいね。

なぜかと言うと、鼻先まで入れると「たて」が強調されるから

お顔が大きく見えます。

では、どこにい入れるのか?

それは、額のTゾーン部分から目の間までの部分に入れます。

日本人が鼻が低く見えるひとつの要因として

ココの部分が低いから、なのです。

欧米人はココが高い。鼻の始まりから高いんですね。

日本人は頬骨のあたりから高くなる。

だから、目の間の辺りまで入れる事によって、鼻が高く見えるのです。



そして入れるハイライトは、細かいパールが入ったものにして下さい。

マットなものはお芝居のメイクみたいになってしまいますし、

パールがおおきいものは、パーティーっぽくなってしまいます。


そして、ベージュっぽいものや薄い黄色はすごくナチュラルに見せてくれます。

なので、メリハリをあまり目立たせずに、でもしたい!という方は、

ベージュ〜黄色の少し細かいパーツが入っているものを選んで下さい。











ココもいれます



眉の下。

眉の下も良ーく見て下さい。

でっぱっています。


昔は(いつ?!)眉の下にもバッチリ入れていたけど

今はあまりバッチリは入れなくなりましたね。


でも、ココに入れる事によって目元にメリハリが出来て

外人さん風になってしまいますよー!

特に一重の方は入れるようにすると

立体感が生まれるのでおすすめです。


入れる位置としては眉のすぐ下、

眉山から眉尻の位置で、そこの眉下に入れる、ということです。


この場所は得に、真っ白い色やハイライトがきつすぎる色は

避けて下さい。

なぜかと言うと・・・ものすごく不自然になる場合があるからです。

場合がある、というのはその他の部分にもしっかりとメイクを施せば

そんなにそこだけ目立たないのでいいのですが、

他はナチュラルで、眉下だけ白っぽいと、不自然でしょ?

なので、入れすぎないようにします。












頬骨のあたりにもね



頬骨あたりにも入れます。

でも、頬骨の真上に入れてはいけませんよ〜。

目の下から頬骨のあたりまでの範囲に入れます。

太めのブラシ(チークぶらしくらい)で目頭の下から目尻の方へ

すっと横へ入れる感じ。の、イメージです。


ココへ入れるとお顔全体が明るく見えるというおまけ付き(笑)

しかも、スッと目尻の方を上に上げるようにすると

お顔が引き上がって見える、おまけもつきます。





次回ははシャドウ編をお送り致しますので、お楽しみに!



【あなたのお悩み・ご質問、ブログでお答え致します】
下記のアドレスからメイクやスキンケアのお悩みをお送りくださいね。
http://form.os7.biz/f/a74a1663/

励みになりますので、応援ぽちお願い致します!
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

posted by わがままアドバイザー・IKU at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353466149

この記事へのトラックバック
掲載の記事、写真、イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。
背景の2重指定